解散手続きの方法

会社を設立する際も、解散する際も法的な手続きが必要になります。特に解散の場合は、司法書士に依頼するとスムーズです。手続き知識を身につけながら、費用を抑えて利用出来る司法書士選びをしましょう。

この記事の続きを読む

過払い金の取り戻し

過払い金の取り戻しは個人でも可能ですが、最近では多くの法律事務所で過払い金問題を受け付けています。実績のある法律事務所に依頼することで、ほぼ100%の確率で取り戻すことが可能です。プロに依頼するので、安心して利用出来ます。

この記事の続きを読む

相続税の改正

今年から、相続税法が改正されました。各地では改正に伴い、相続対策と相続税対策セミナーが行われています。土地などの所有の場合、仕組みが多少複雑になる場合もあるので、専門科と相談すると良いでしょう。

この記事の続きを読む

不動産を活用する

悩みの解決に役立ちます!川崎で弁護士に相談したい事がある、その様な方は今すぐココをクリックして下さい。

今年から相続税の税制が改正されて実質的に増税になります。今までであれば相続税を払う必要のなかった層の人でも相続税を払わなければならなくなるケースの増加が見込まれています。念のため事前にシ計算をして対応策を考えておく必要があります。計算の結果によっては計画的に節税を図ったり、支払う税金の資金手当てをしておく必要が出て来ます。特に、財産が不動産だけの場合には相続をした瞬間に支払い資金に困ることになりますので、不動産を活用して税金対策をしておく必要があります。売却して資金を作ることは出来ますが、相続税に加えて売却益にも課税されるので得策ではありません。最近はアパート併用住宅を建設することによって節税するケースが増えています。

相続税についてはバブルの時期が一番大変でした。計算上の不動産価格が短い間に何倍にもなりましたので、計算をするたびに税額が増えてしまいました。昨年までの相続税の控除額は当時の著しい不動産価格の上昇に対応して設けられたという経緯があります。長い間デフレが続き、不動産価格が下落を続けたにも拘わらず、昨年までは見直しをされていなかったために相続税を払う対象となるケースが少なかったということです。現在はバブルの時期とは異なり、不動産価格も当時とは大幅に異なりますが、都市の比較的良い立地の場所は既に地価が上昇傾向を示し始めておりますので、今後どのような上昇を見せるかについては注意深く見ておく必要があります。

示談交渉の方法

交通事故を起こしてしまった際には、相手との示談交渉をする必要があります。事故の過失が双方にあると、保険会社が示談を行いますが、片方だけだと弁護士に任せるケースがあります。弁護士を選ぶ際には、交通事故に強い弁護士を探し依頼しましょう。

この記事の続きを読む