示談交渉の方法

交通事故が起こった際に、起こった相手方との示談交渉も進めなければいけません。双方に過失がある場合、保険会社が示談を行いますが、そうでない場合は弁護士に一任するほうがいいでしょう。もちろん、弁護士を利用するにも料金がいるのでどれくらいかかるのか、少しだけでも知っておくといいでしょう。 弁護士に依頼する場合費用として ・着手金(示談交渉事件の経済的利益額が300万以下の場合8%…などと定められています。最低金額は10万円となっています。) ・日当(半日だと3万円以上5万円以下、1日だと5万円以上10万円以下が目安です。) ・実費 というものがかかります。着手金は依頼をするときに払う費用、日当は弁護士の活動した日数分かかる費用、実費はその交通事故の問題解決のためにかかった諸費用(交通費や切手など)です。着手金は無料にしているところも多いので、ホームページなどで確認してみましょう。

弁護士には得意な交渉事というものがあるようです。交通事故のことで相談する場合、交通事故に強い弁護士を探しましょう。被害者が交通事故でも弁護士を利用するのは以下の理由があるます。 【示談交渉を弁護士がすることで本来得られるはずの賠償金を得ることができます。】 自分で示談交渉を行ってしまうと保険会社の言われるままに認めてしまい、本来の額の賠償金よりも低くなってしまうことがあります。正当な金額が得られるようにしましょう。 【適切な後遺障害の等級認定をしてくれます。】 他の事件と違うのは、交通事故は、後遺障害が残るかもということです。後遺障害によっては等級認定(後遺症の度合い)が重要となっていて、最終的な示談金額も変わってきます。 訴訟は被害者本人も負担が多くかかります。交通事故の弁護士には訴訟を行いたくないが、示談金を増額したいという要望にも応えてくれます。どうした特徴から、交通事故に合われた際には弁護士に依頼してみる選択肢があってもいいのではないでしょうか。